スキルアップを目指すフットサル初心者を応援するサイト。フットサルの戦術や、その他フットサルに関わる事などを日々更新しています。

フットサル個人スキルアップ…首を振って状況判断を向上させる

futsal1個人プレイのスキルアップとして、首を振る、というのを紹介したいと思います。

首を振るって何やねん???

という人も多いと思いますが、要は首を振って状況をしっかり確認する、という事です。これができている人とできてない人では、プレーの質が全く変わってくるので、是非意識してプレーして欲しいポイントです。

 

しっかり首を振る事で次のプレーの準備をする

サッカーやフットサルで上手い人が、ワンタッチでボールを回したり、空いたスペースに飛び込んだり、前に出て相手のボールをパスカットしたり、というプレーを目にした事があると思います。

こういうプレーができる人は、試合中に首を振って常に状況を把握しています。

ワンタッチでボールを回せるのは、
パスを受ける前に首を振って、味方がどこにいるか、
味方がどう動くかを見ていなければできません。

空いたスペースに飛び込むのも、
味方がどう動くかを見ていなければできません。

相手のボールをパスカットするのも、
相手がどう動いて、どこにパスを出そうとしているのか、
どこでパスをもらおうとしてるかを見ていなければできません。

 

このように、コートの上で味方・相手がどう動くか状況を把握して次を予想することで、プレーの質は大きく変わります。

 

状況判断が良くならないと、技術があっても上手くはなれない

footsal足でいくらボールを上手に扱えても、状況判断が良くならないとプレーの質は向上しません。

例えば、味方からパスを受けるとしましょう。
パスを受けると、トラップするなり、ダイレクトではたくなりするわけですが、初心者の人は、まずトラップをして、「さて、次どうしようか」と考える人が非常に多いです。

最初の動作が必ずトラップになる為、相手のディフェンスも非常に狙いやすいんですね。トラップする=その場でボールが止まるわけですから。

「この相手は必ずその場でトラップするから、とりあえずプレスかけて追い込めばいいや」

ってなもんです。怖さが全く無いんですね。

 

ディフェンスが嫌がるのは、パスを受けた相手にプレスをかけに行った時に、ワンツーのパスで抜かれたりする事です。

そういうパターンがあれば、ディフェンス側も、

「あ、これ突っ込んだら、ワンツーでかわされるかも。裏に行かれたらめんどくさいし、少し間合い広めで徐々に詰めるか」

というような思考になるわけです。

 

そうなれば、その場でトラップも楽にできますし、もう一度組み立て直すこともできます。

 

このように、常に首を振って状況判断を良くしていかないと、テクニックをいくら磨いても、プレーの質が上がらないという事になってしまいます。

試合中の状況判断は、かなり頭を使って難しいので、最初は、パスを受ける前に周りをもっと見るようにしよう、とか部分的に意識して取り組むのが良いと思います。

このへんを意識して練習すると、本当にプレーの質が変わってくるので、是非実践してみてください。

スポンサードリンク