スキルアップを目指すフットサル初心者を応援するサイト。フットサルの戦術や、その他フットサルに関わる事などを日々更新しています。

フットサルディフェンス戦術…中締め

s090中締めというディフェンス戦術があります。
この戦術を簡単に言うと、

相手のピヴォに当てられると、ポストプレーされたり振り向かれてシュートされたり面倒なので、ピヴォに入れてくるパスを通させないようにする。

というディフェンス戦術です。では具体的にどうするかを見てみましょう。

 

中締めのやり方

naka1

naka2

 

naka3

 

naka4

 

naka5

 

naka6

 

naka7

 

naka8

 

naka9

 

以上が中締めのやり方です。

 

マークの受け渡しが重要。状況に合わせて臨機応変に

中締めについて書いてきましたが、これはあくまで基本の概念です。

例の場合だと⑥がずっとピヴォの位置にいますが、⑥が⑦⑧と入れ替わる事も当たり前のようにあります。

その時に、そのままついていってしまうと、マークがずれてスペースが空いてしまうので、

「⑦番見る!チェンジ!」

などの声出しが重要になってきます。

その辺りは実際に練習してみると、よくわかると思うので、特にディフェンス戦術がないチームは、一度取り入れてみてください。

中締めのディフェンスがしっかりできれば、エンジョイレベルなら、かなり失点が減りますよ~(*´∀`*)

スポンサードリンク