スキルアップを目指すフットサル初心者を応援するサイト。フットサルの戦術や、その他フットサルに関わる事などを日々更新しています。

フットサルゴレイロ…スローイングで攻撃の起点に

s082ゴレイロは言わずと知れた、チームの守備の要です。

しかしサッカーと違いコートが狭いので、スローイングでそのまま味方につなぎ、そのままゴール、というようなケースも多くあります。

ゴレイロが効果的なスローをできると、それだけで攻撃の幅が増えるので、スローイングを意識してみましょう。

 

スローイングで大事なのは、まず見る事

futsal1

見るってなんやねん?という感じかもしれませんが、要は状況把握です。ゴレイロがボールを保持した時に、いかに空いている味方を把握してるか、という事ですね。

この見るというのは、タイミングが非常に重要です!

ゴレイロがボールを保持してから、

「よーし、失点しなかった。反撃するぜ。どこにボール出そうかな」

という感じでは、フリーの選手がいたとしても、スローイングできません。当然相手も危ない所はしっかりケアしてきますしね。

 

ボールを保持する前に見るのがポイント

s103効果的なスローイングをするのに大事なのは、ボールを保持する前にある程度、敵・味方の位置関係を把握する事です。

ボールを保持する前というのは当然攻められているので、シュートやディフェンスに指示したり、意識する事は多いです。でも、

「カウンター食らったか。でも、ここ防いだら、前に味方2人、敵1人だから、すぐに投げれば、こっちのチャンスになるな」

というように頭の中で意識しておくだけで、防いだ後、すぐにスローイングに移れますよね?

このように、効果的なスローイングをする為には、敵・味方全体の位置関係をしっかり把握するように意識しましょう。

 

ゴレイロの効果的なスローイングってどういうのよ?

効果的なスローイングと言われても、ぱっと思いつかない人もいらっしゃると思うので、参考になりそうな動画があったので置いておきますね。

関東リーグ、カフリンガ東久留米所属(2014/4現在)の竹井選手のプレー集です。足技も上手くて、すごい参考になりますよ!

スポンサードリンク