スキルアップを目指すフットサル初心者を応援するサイト。フットサルの戦術や、その他フットサルに関わる事などを日々更新しています。

フットサルの代表的なフォーメーション

sl_080フットサルはサッカーと違ってポジションの入れ替わりが激しいですが、基本となるフォーメーションは存在します。

ここではフットサルでよく見る事のできる代表的なフォーメーションを紹介します。状況に応じて使い分けして、展開を有利に運びましょう。

 

フットサルのフォーメーション

1:ダイヤ型

form1一番よく見るダイヤ型。ピヴォにボールを当てて、そこを起点に攻めます。アラとピヴォが入れ替わったり、ポジションチェンジを繰り返してディフェンスを外して点を奪う感じですね。

 

2:ボックス型

form2攻撃と守備に2名ずつ分けたボックス型。役割分担がしっかりされているので、フットサルをはじめたばかりの初心者チームにはわかりやすいんじゃないかと。ただ、そのまま棒立ちでは攻めれないので、左右前後でポジションチェンジをして攻める事になります。

 

3:Y字型

form3前から2-1-1で展開するフォーメーション。敵陣深くからプレスをかける時によく使われるフォーメーションです。例えば、前2人でパスコースを限定して空いたコースにパスを出させた所を真ん中の1人がかっさらう、というような感じですね。

 

4:クアトロゼロ型(台形型)

form44人を台形型に配置したピヴォを置かないフォーメーション。ポジションチェンジを繰り返しながら、ディフェンスの裏を狙う感じですね、ボックス型から派生したイメージ。臨機応変さが求められるので、難しいフォーメーションです。

 

以上、フットサルの代表的なフォーメーションでした。チームによって、やりやすい・やりにくいは当然ありますので、チームの特徴に合わせてやりやすい方法で、状況に応じて柔軟に対応することを心がけましょう。

スポンサードリンク