スキルアップを目指すフットサル初心者を応援するサイト。フットサルの戦術や、その他フットサルに関わる事などを日々更新しています。

フットサルディフェンス戦術…数的不利2対1

s090攻めようとして、ボールを奪われてカウンターで2対1と数的不利になってあっさり決められてしまう。そんな経験をお持ちの人は多いですよね。

2対1は確かに不利な状況ですが、そこまで絶望的という訳ではありません。

ゴレイロとディフェンスがきっちり連携できれば、意外と守れたりするので、「あー、2対1だから無理だ」と諦めるのではなく、冷静に対処する方法を考えてみましょう。

スポンサードリンク

数的不利2対1の対処

では、2対1のディフェンス戦術を見てみましょう。

2-1-1

2-1-2

2-1-3

2-1-4

2-1-5

あくまで一つの方法で、これが100%正解という訳ではありませんが、無策で2対1に挑むよりいいのは間違いありません。うちのチームはこのディフェンスで結構守れてますしね。

もう一つの方法として、ディフェンスがボールを持ってる相手をサイドに追いやりながら、ファーサイドへパスをださせないように併走。ニアサイドに打たせて、キーパーに処理してもらう、という手もあります。チームでやりやすい方法を考えてみましょう。

 

大会で勝てない、もっと勝てるようになってみたい、という人はぜひ2対1のディフェンスを練習してみてください。

スポンサードリンク